> iPhoneデータ復元>リセットで紛失したiPhoneデータの復元

リセットで紛失したiPhoneデータを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2014.07.11
更新: 2019.03.26

2

iPhoneがフリーズしたため、iPhoneユーザがよくリセットする方法を使います。でも、フリーズの問題が解決できないですが、その代わりに、データの紛失問題がよく出ってくれます。実は必要のないアプリや大きいファイルなどを消去するのはiPhoneのフリーズ問題に効きます。

先日、ネットでこのような問題を見ました。「iPhone5Sのユーザです。最近、iPhoneのスピートが遅くなって、時にクラッシュが発生しました。再起動ができますが、やっぱリセットすると意識しました。その後、リセットしました。でも…最悪なことになりました。連絡先や写真など大切なデータが消えてしまいました。何度も再起動してデータが復元できません。諦めるしかないですか。」

諦めるのはまだ早いですよ。「iPhoneデータ復元」ソフトを使えば、紛失したデータを復元できます。下記の二つのモードを試してください。この二つの復元方法を使う前提はiTunesやiCloudでバックアップを取ったことがあることです。

ヒント:データが紛失したと意識する時から、iPhoneの使用はなるべくしないほうがいいです。写真や連絡先などのデータが上書きされたら、復元の可能性が低くなります。そして、購入する前は、無料版を使って、データが残るかどうかの確認が必要です。

モード1 iTunesバックアップファイルから復元

ステップ1 バックアップファイルの選択、スキャン開始以前iPhoneがiTunesでバックアップの時間を表示しています。正しい時間をを選んで、「スキャン開始」のボタンをクリックします。

リセットしたiPhoneデータの復元

iTunesのバックアップファイルをスキャンしています。しばらくお待ちください。

リセットでiPhoneデータの復旧

ステップ2 プレビュー、データの復元すべてのデータがスキャンした後、プレビューできます。データを確認して、復元したいデータを選択し、「復元」ボタンを押します。

iPhoneデータの復旧 リセット

モード2 iCloudバックアップファイルから復元

ステップ1 Apple IDのサインインこのモードはApple IDとパスワードを入力するのが必要です。Apple IDとパスワードを正しく入力してください。

iPhone データの復旧

ステップ2 バックアップファイルのダウンロード最終バックアップの時間が表示しています。バックアップファイルの名前を選らんで、「ダウンロード」のボタンをクリックしてください。

iPhoneデータの復元

ステップ3 iCloudのデータをスキャン、選択、復元スキャンの結果は全てプレビューできます。復元したいデータを選んで、「復元」ボタンをクリックします。

リセットで消えたiPhoneのデータ復元 

ご注意:今後、二度とデータを紛失しないように、定期的にしっかりiTunesとiCloudでバックアップを取ってください。