> iPhoneデータ復元>初期化したiPhoneのデータの復元

初期化したiPhoneのデータの復元方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2014.12.29
更新: 2019.03.14

iPhoneの調子が悪い時、初期化すると治ることがあります。初期化すると、iosデバイスのアプリや連絡先、写真などの全てのデータが消去されて、工場出荷時の設定に戻します。まったく新しいiPhoneとして使えます。なお、iCloudやパソコンにバックアップを取っていれば、初期化する前の状態に復元できます。それゆえ、初期化する前にiCloudやiTunesでバックアップを取っておいた方が良いです。時に、バックアップから成功に復元できない場合があります。例えば:「iPhoneを初期化しバックアップから復元したところ、写真とメールが消えてしまいました…」「初期化されたiPhoneをバックアップから復元したのですが、データが何ももどりませんでした。」こういうことに遭ったら、「iPhoneデータ復元」を利用すれば復元できます。どうぞお試しください。

モード1 iTunesバックアップファイルから復元

ステップ1 直接「FonePaw iPhoneデータ復元」のモード2を選んでください。右でiTunesで作成したバックアップファイルはすでに検出されています。復元したいバックアップを選んで、「スキャン開始」をクリックします。

iTunesから初期化前のデータを復元

ステップ2 バックアップのデータは左でカテゴリに分けています。各カテゴリのデータはプレビューできます。復元したいデータを確認してから、「復元」ボタンをクリックしてデータの復元を実行します。

iTunesバックアップからデータを復元

モード2 iCloudバックアップファイルから復元

ステップ1 モード3の「iCloudバックアップファイルから復元」を選んで、iCloudのアカウントとパスワードを書き入れます。

iCloudから初期化で紛失したデータを復元

ステップ2 登録したら、バックアップファイルのリストから復元したいファイルを選んで、「ダウンロード」をクリックします。

iCloudバックアップからデータを復元

ステップ3 ダウンロードが終わったら、「FonePaw iPhoneデータ復元」が検出したデータをプレビューして確認しましょう。それから、復元したいデータをマークして、「復元」ボタンをクリックします。

初期化したiPhoneのデータの復元

「iPhoneデータ復元」はiPhone 4/4S/5/5S/6/6 PlusなどのiPhoneデバイスだけでなく、iPadやiPodなどのios端末のリカバリーモード、工場出荷状態に戻したことによって紛失したデータを復元できます。