> iPhone裏技>水没 iPhone 復活

水没したiPhoneデバイスを復活するヒント

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.12.03
更新: 2019.08.10

ユーザーの皆様からの連絡では、こういうことがあります。iPhoneがトイレに落としたり、防水ケースに入れても水に濡らされたり、ズボンを洗濯機に入れる前に、iPhoneをポケットから取り出すことを忘れたり、こうみたいにiPhoneが水没した時、どうすればいいでしょう。どんな状況でも、お使いのiPhone 6s/6s Plusが水没になった時、以下のヒントを従って、デバイスを復活することができます。

水没 iPhone 復活

濡れたiPhoneに対処するヒント:

1.水からiPhoneを取り出し、電源を即オフします。「電源」ボタンをこのまま押して、画面がシャットダウンするまで保持します。こうしても電源が落ちない場合、「電源」と「ホーム」ボタン両方同時に長押しして、iPhoneの電源をオフにします。こうすると、iPhoneのメインボードを短絡と焼損から保護できます。。2.iPhoneのカバーを取り外し、SIMカードを取り出します。そして、ティッシュと布でiPhoneを拭き、乾燥して、換気がいい場所に置きます。3.乾燥剤か米を入れた袋にiPhoneを入れて、空気を絞り出し、そして密封します。

注意:上記の手順に従って乾燥させた後でも、iPhoneが起動できない場合、アップルのサービスセンターに行って修理する必要があります。

濡れたiPhoneに絶対してはいけないこと:

1.水から取り出した後、iPhoneがシャットダウンしている場合、また電源を付けることは絶対にしてはいけません。メインボードが焼損する可能性があります。2.ヘアドライヤーの熱風でiPhoneを吹くことと、熱い日光の下に置くことをしてはいけません。回路基板の形は崩れてしまいます。3. 頻繁にiPhoneの電源をオンにして、テストしてはいけません。短絡する可能性がありまず。

もし不幸にiPhoneを水に落ちた場合、決して慌てないで、以上の手順で水没したiPhoneを復活してみてください。データセキュリティのために、我々は定期的にiPhoneをバックアップすることをお勧めします。