> iPhoneデータ復元>iCloudから復元できない時の対策

iCloudから復元できない時の対策

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.02.12
更新: 2019.03.14

iCloudから復元する時、よくあること。「iCloudからバックアップを復元しようとしたら、バックアップを復元できませんと出て復元できないこと」「iCloudからiPhoneデータを復元しているが、なかなか進まなくて、終わらないこと」以上のことのようにiCloudから復元できない場合は、どうしますか?「iPhoneデータ復元」にお任せください。このソフトはiCloudのバックアップデータを抽出できます。そうすれば、データを失う心配がありません。操作は簡単で、数ステップだけでiCloudから復元できないデータを救出できます。ぜひダウンロードして試してみてください。

iCloudのバックアップデータを救出する方法

ステップ1 「iPhoneデータ復元」を起動したら、モード3の「iCloudバックアップから復元」に入ります。指示のようにAppleIDとパスワードを正しく入力します。

iCloudから復元できない時の対策

ステップ2 登録した後、iCloudでバックアップしたファイルが表示されます。iCloudから復元できないバックアップファイルを選んで、「ダウンロード」をクリックします。

iCloudのバックアップデータを救出

ステップ3 ダウンロードが終了したら、検出されたデータは全てプレビューできます。救出したいデータを確認ができたら、マークを入れて復元を実行します。

iCloudのバックアップデータを復元

iPhoneデータ復元」はiCloudのバックアップデータを救出できるだけでなく、iTunesのバックアップデータも救出できます。若しiTunesから復元できないと、「iPhoneデータ復元」にお任せください。