> iPhoneデータ復元>バグでiPhoneデータの復元方法

バグでiPhoneデータを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2014.07.09
更新: 2019.03.14

iOS 8の提供開始から、iPhoneに適応できないバグ、クラッシュなどのトラブルがiPhoneでよく発生しました。iOS8ユーザーはデバイスのWi-Fi接続時に、非常に遅い接続速度と接続切断の頻発というWiFiの問題に遭遇しています。また、ユーザーによってはiMessageの不具合も報告しています。それに、アップデートした後、データを復元したら、連絡先や写真などのデータが復元できないことがあります。

復元方法もいろいろがありますが、「iPhoneデータ復元」というソフトがよく好評を博しています。iPhoneを繋がなくても、iPhoneのデータがiTunesやiCloudから、バックアップを復元できます。下記の手順を従って、簡単に復元できます。

ヒント:iPhoneはバグになったら、再起動して使えますが、バグでデータが紛失するため、復元したいなら、iPhoneを使わないほうがいいと思います。写真や連絡先などのデータが上書きされたら、復元の可能性が低くなります。そして、購入する前は、無料版を使って、データが残るかどうかの確認が必要です。

モード1 iTunesバックアップファイルから復元

ステップ1 バックアップファイルの選択、スキャン開始iPhoneがiTunesでバックアップをした時間を表示しています。普通は最新の時間をを選んで、「スキャン開始」のボタンをクリックします。

バグでiPhoneデータの復元

iTunesのバックアップファイルをスキャンしています。しばらくお待ちください。

クラッシュでiPhoneのデータを復元する

ステップ2 プレビュー、データの復元すべてのデータがスキャンした後、プレビューできます。データを確認して、復元したいデータを選んで、「復元」ボタンをクリックします。

iPhoneデータの復元 バグ

モード2 iCloudバックアップファイルから復元

ステップ1 サインイン、ダウンロードまずはここでApple IDとパスワードが必要です。正しく入力してください。

消えたiPhoneデータの復元

ステップ2 バクアップファイルのダウンロード最終バックアップの時間が表示されています。バックアップファイルの名前を選らんで、「ダウンロード」のボタンをクリックしてください。

アイフォンデータの復元

ステップ3 iCloudのデータをスキャン、選択、復元iCloudのバックアップをスキャンしています。しばらくお待ちください。ここで、iPhoneの大部分のデータが見られます。

バグで紛失したデータの復元

復元したいデータを選んで、「復元」ボタンをクリックします。

クラッシュで消えたデータの復旧

ご注意:今後、二度とデータを紛失しないように、定期的にしっかりiTunesとiCloudでバックアップを取ってください。