> iPhoneデータ復元>iCloudバックアップからiPhone写真の復元

iCloudバックアップからiPhone写真を復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2014.06.25
更新: 2019.03.14

iCloud は Wi-Fi 経由で、iOS デバイスのデータのバックアップを毎日自動的に作成します。バックアップが作成されるのは電源がオンになっており、ロック中かつ電源接続中のデバイスです。iCloud バックアップを使用して、iOS デバイスを復元したり、新しい iOS デバイスを設定したりすることができます。できれば、今、手元のiPhoneのiCloudで大切なデータをオンにしてください。小さなことですが、iPhoneが落としたときや壊れたときなどでiCloudのバックアップは重要になります。で、iPhone無しで、iCloudのバックアップから写真を復元したいなら、どうしますか。

ここで、「iPhoneデータ復元」ソフトを使って、iCloudバックアップからiPhone写真を復元する方法を紹介します。紹介するのは「iCloudバックアップファイルから復元」というモードです。このソフトは他の二つのモードがあります。「iOSデバイスから復元」 モードと 「iTunesバックアップファイルから復元 」モードです。

ヒント:写真が紛失したと分かると、iCloudのバックアップや、同期することがなるべくしないほうがいいです。前にiCloudバックアップのデータが上書きされたら、復元の可能性が低くなります。そして、ソフトを購入する前は、無料版を使って、復元したい写真がiCloudに残るかどうかの確認が必要です。

iCloudバックアップからiPhone写真を復元する手順

ステップ1 サインイン、ダウンロードソフトを開いて、「iCloudバックアップファイルから復元」モードを選択してください。そしてApple IDとパスワードを正しく入力してください。

iCloudから写真の復元

ステップ2、iCloudからバックアップファイルのダウンロード最終バックアップの時間が表示されています。バックアップファイルの名前を選らんで、「ダウンロード」のボタンをクリックしてください。

iPhone icloud 写真復元

ステップ3 iCloudのバックアップファイルのスキャン、選択、復元iCloudのバックアップをスキャンする時、少々時間がかかります。しばらくお待ちください。スキャンの結果は左側に表示されています。詳しい情報を確認したいなら、そのリストを選択してください。

iPhone写真の復活

復元したい写真が残るかどうかを確認してから、「復元」ボタンをクリックします。

icloudバックアップから写真の復旧

ご注意:今後、二度とデータを紛失しないように、定期的にしっかりiTunesとiCloudでバックアップを取ってください。

iPhoneデータ復元」はiPhoneユーザーに向けて、紛失のデータを復元できるソフトです。連絡先、メッセージ、写真等のファイルを復元出来ます。私たちのソフトに何か質問やアドバイスがあったら、ぜひここでコメントしてください。