> スマホ活用小技>Android N 3D Touch 実装

Android Nにも「3D Touch」機能が実装?

編集者: 石橋 東雅
日付: 2016.05.04
更新: 2019.02.12

iPhone 6sの素晴らしい機能といえば、3D Touch はその中の一つと言えるでしょう。3D Touchとは、ディスプレイを触る力の重さによっていろいろな操作ができる機能です。軽くタップすることと重くタップすることで、できる操作は違います。今のところ、サードパーティで開発されるAndroidデバイス(例えばMEIZU社の「MEIZU Pro 6」)は似てるような機能を搭載しているものもありますが、この機能はGoogle本社にリリースされていません。

けれど、もうすぐ似てる機能もAndroidに実装されるようです。Googleからの情報によると、Android Nは「Launcher Shortcuts」という新機能を実装し、HUAWEI Mate Sのような圧力感応ディスプレイを採用しているAndroidデバイスをサポートします。

Android Nの「3D Touch」

「Launcher Shortcuts」を利用することで、特定の動作をショートカットとして登録し、いろんな操作を簡単にできるようです。例えば、特定の友達にメール送信、音楽アプリで曲を再生するなど。以下の動画はその開発者にアップロードされたもので、「Launcher Shortcuts」で天気アプリを操作するデモです。天気アプリのアイコンをスワンプすることで、天気が表示されます。

このデモ動画では、ショートカットは下のスワンプに設定されていますが、サードパーティやOEMによって、ほかのジェスチャーも利用することができます。

この機能で二つの種類のショートカットを作ることができます。一つは「dynamic shortcuts」。ユーザーはアプリのランチャーアイコンでジェスチャーを操作する時、これらのショートカットが出ます。一つのアプリは最大5つのdynamic shortcutsを作ることができます。もう一つは「pinned shortcuts」。ユーザーは「dynamic shortcuts」をランチャーにドラッグし、これらのコピーを作られます。このショートカットの数は無制限です。

今のところ、圧力感応ディスプレイ搭載のAndroidデバイスは少ないので、この機能を利用できるAndroid端末も限られています。けれど、HUAWEIは最近、Nexus 7Pを商标登录出愿しました。情報によるとこのNexus 7Pも圧力感応ディスプレイを採用する可能性があります。Android Nにあわせて、圧力感応ディスプレイのAndroidデバイスも増えるでしょう。