> スマホ活用小技>サムスン Note 8 ビュー

サムスンGalaxy Note 8のレビュー:書き込みやすいSペンと最上級のスマホ

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.11.14
更新: 2019.02.12

問:どのようにひと言で生き生きとしてサムスンNote 8を説明できますか。

答:サムスンを一年使って、S8 +のハードウェアをGalaxy Note 7のうちに詰め込んで、そしてペンも加えました。S8+に似ているか、それともGalaxy Note 7に似ているかを聞くと、Galaxy Note 8はS8+とNote 7の特性を身につけ、そして両者よりも優れているフラッグシップスマートフォンになります。

スマホ Note 8 携帯

サムスンは米国ニューヨークでNote 8携帯を発表して、総体的に見たところNote 8はS8とNote 7の組み合わせです。詳しいことは本記事の画像を参考にしてください。

Note 8の本体を見た後ですぐこの対話を思い付いて、このような事であるかどうかは全てのパラメーターを見た後でゆっくり話しましょう。

ハードウエアでは、サムスンNote 8は6.3インチのQHD解像度の18.5:9の全視曲面スクリーンのデザインを採用し、機体性能ではSnapdragon835とExynos88952種類のプロセッサを採用し、6GBRAM、64/128/256GBROMを持つ、カメラ面から言えば、Galaxy Note 8のフロントカメラは800万画素シングルカメラです。

そして、背面には1200万画素ダブルカメラを搭載、広角+望遠モードを採用、2倍光学ズーム(optical zoom)をサポート、依然としてDualPixelセンサーを採用、OIS光学式手ぶれ補正とf/1.7広角レンズをサポート、それ以外に新しい携帯は3300mAh容量の電池を採用、虹彩認証を支持、IP68防水防塵を支持、S Penタッチペンを搭載、新しいワイヤレス充電板をサポートします。

外観:美しさは想定済み、残念さも想定済み

スマホ Note 8 外観

Note 8外観は発表会の前に既に流出してしまいましたが、一言でいえば予想以内となっております。正面は全視曲面スクリーンデザインはS8と比べて、上部と下部はスクリーンが大きくなった後に更に狭く見え、視覚効果は更に“フルスクリーン” 感じがします。

交流会でサムスンは今回の携帯のスクリーンが83%占めて、でも現在のところ、曲面のスクリーン割合の測量方法が統一していないため、このデータはまた更新するかもしれません。NoteシリーズのフレームはSシリーズよりもっと整っているようになります。

以上はNote 8が2つのシリーズを一体化させる時に調整したのです。

スマホ Note 8 一体化

ボディの側面の配置はNote 8とS8シリーズは基本的に一致しています——左側は一体化された音量キーとBixby、右側はアンロックボタン、底部がType―Cインターフェイスとなっています。Bixbyキーがまだ設置されています。この機能は本年初に出しますが、完全版は更新したばかりです。

スマホ Note 8 紹介

Note 8のカラーのバリエーションは「Midnight Black」(黒・ブラック)、「Maple Gold」(金・ゴールド)、「Orchid Grey」(灰・グレイ)、「Deepsea Blue」(青・ブルー)の4色で、サムスンS8シリーズと一致します。

ボディの背面は「ダブルカメラ、フラッシュ、指紋識別」が簡単に並べています。最も多く使っている指紋識別はダブルカメラと同じ高さにデザインされました。サイズから見れば、片手で使用する時に指紋識別キーは不便だと見られています。

スマホ Note 8 美 魅力

以上はNote 8の外観についての紹介です。金塊を「長15、幅5、厚2センチメートルの金属の質感の規則正しい直方体」と説明できますが、それがあなたの心の中に金塊のずっしりとした重さを表現することはできませんと同じです。Note 8外観に関して、ユーザーたちは他のポイントにも考えるべきです。

スマホ Note 8 高級

「美」と「高級」の規則が統一されていません。長年貯蔵された酒からはタバコの香り、女の香りがする、トップクラスのギターからは木目の美しさを聞き分けて来ることができると言う人がいます。美と高級という概念は簡単にいえば「複雑なもの」である。

この角度によってNote 8を評判すると、全視曲面スクリーン設計は視覚的な衝撃をもたらし、まっすぐにする機体、まろやかなフレームと比較的流行する背面の色はどちらでも複雑な美しさが存在します。

当然で、ユーザーたちはこのデザインに飽きてしまったことは私達が最初から言及したのです。自分の製品と比較して、サムスンはGalaxy Note 7で曲面でフレームなし効果を採用し初めから、今のところまですでに第3世代となっています。

今年の後半、たくさんのフルスクリーン携帯は発表する予定で、かつての優位が失い、これからはそうじゃなくなってきました。スマホのカラーに至っても、黒、灰、金、青のカラーバージョンが上半期の製品と比べてはユニークさを表現することはできません。

4ヶ月ごとに旗舰スマホの新品を発表して、共に三つの旗舰[]スマホを発表することはサムスンにとって解決しがたい問題となっています。

スマホ Note 8 スクリーン

スクリーンの部分、S8を参考にしてNote 8を見れば、フルスクリーンのアプリの互換性が良好で、スクリーンのてっぺんのR角ではスマホの表示された内容を欠如しません(一つの告知板縁だけに占めて、割合はとても小さいからです)。

しかし、長期にてっぺんにある告知板と底部にある仮想ボタンがしばらくの時間の後に軽微なバーンイン(長期に固定している表示内容の残影がが残る)が現れます。これはAMOLEDブルレーの減衰の共通の欠点で、下半期Aスクリーンが普及させるため、共通の問題となっています。

S―Penに関して:差別化をもたらすポイント

去年サムスンはすでにタッチペンの圧感を4096レベルまで向上させ、この数値はとっくに絵画ツールが手描き絵板の感度の要求を上回りました。実はこのペンへのアップグレード空間は新しい応用するシーンを探し出すこととなっています――どのようにもっと多くの場合でタッチペンを使って小さいスクリーンでも仕事の効率をアップさせます。

スマホ Note 8 差別化

サムスンNote 8は今年2つの特性をヒットにしようとして、ひとつは画面オフメモ、もう一つはlive Messageです。画面オフメモは去年言及した機能で、画面をオンにしなくても、本体に収納されているSペンを取り出すだけでメモができます。

書いたメモは、Always On Displayで表示して、いつも見える便箋となっています。

スマホ Note 8 Live Message

Live Messageはまるで社交メディアに頼るツールで、それはタッチペン入力内容を記録しGIFアニメにすることができます。

たとえば手動でmiss youを入力して, 背景を添加して、それから手動で入力するトラックをGIFアニメにして((現場でblingbling特効をデモンストレーションしました)友達に送信できます。そしてlive Message機能はウィチェットにサポートします。

スマホ Note 8 アプリ

また今回サムスンはNote 8のアプリのスクリーンを更新して、側辺のメニューに新たなボタンを追加しました。これで、ユーザーはこのボタンを押せば2 つのアプリを同時に起動することができます。

地図を開く同時に音楽を開けて、車を運転する時にナビゲートと音楽を切り替えるのを見ることができます。動作の速さから言えば、二つのアプリを順調に起動することができて、一つのアプリを起動するスピードとはほぼ同じです。

全体的には、Sシリーズと最大の相違点(2017年前にもしかするとサイズが相違点になることができる)がNote 8は確かにおもしろいまた実用的なシーンを採用することとなっていますが、サムスンの成長の道はまだまだ長いです。

写真:結論は出せないが、悪くないように見える

サムスンNote 8のカメラは背面の1200万画素ダブルカメラ、そしてフロント800万画素シングルカメラを搭載し、ダブルカメラは「広角+望遠モード」、レンズサイズはF2.4(主なシーン)とF1.7を採用し、2倍光学ズームと写真を撮ってからフォーカスすることをサポートします。

スマホ Note 8 撮影

残念なのは今まだNote 8の撮影機能に対して全面的な総括をすることができません。体験から見れば、この携帯は手ぶれ補正と微光での写真撮影が良好です。しかもポートレートの画面エッジが自然に処理した(あまりにも複雑なシーンがない)のです。

スマホ Note 8 写真

またサムスンが写真を撮ってからフォーカスすることにサポートするだけではなく、一枚の写真が2種類のモデルも支持します;シャッターを押さえつけて超広角と長焦点の2つのモデルの写真を記録します。ユーザーはどのモードで写真を撮影するほうがいいか迷う必要はありません。

サムスンの携帯はダブルカメラを搭載する時間が他のブランドに比べて遅くなりますが、簡単な体験とこの数年の良い口碑から見れば、Note 8の撮影機能は依然として期待しています。

注意すべきところは、この2年間撮影ハードウエアはアップグレードし続けて、vivoが採用するDSP写真の合成技術の使用範囲がだんだん広くなり、画面の鮮明度と暗部の寛容さはだんだんサムスンS8シリーズを超えてきます。Note 8はそのために改善とアップデートをすることができますが、サムスンの今後の更新で評定する必要があります。

性能:フラグシップレベルのアップグレード

依然としてSnapdragon835とExynos8895という2種類のプロセッサを採用し、昔の経験から見ればSnapdragon835は最終的なバージョンとなっています。サムスンS8は発表してから4ヶ月だけで、Note 8のハードウエアは大きくアップグレードしないことが予想以内のこととなっています。

先代製品の4GB RAMは同じ時代にはそれほど先端ではないから、今回が大幅にアップグレードできます。

スマホ Note 8 性能

具体的に言うと、サムスンの多様なシステム機能がRAMに対してずっとストレスが大きくて、今回6G BRAMにアップグレードしたことがちょうど良いアップグレードであるべきです。でも直接8GBに上がってないのは少し残念です。

部品と周辺について

サムスンの週辺の拡張が実は多くて、たとえばサムスンの近年の発表会でGear VR、全鍵盤の携帯のケース、また「デスクトップPCのように利用できる設備Dex」も見ることができます。

Dexはサムスン携帯を拡張でき、HDMI、USBケーブルで接続、携帯をディスプレイの“コンピュータのスタイルのデスクトップ”に切り替えることができます。そしてこのデスクトップには、ビジネス事務とゲームのアプリケーションも添えてあります。

スマホ Note 8 サムスン

サムスンはDex上でZOOM、GoToMeeting、BlueJeansと協力して、コンピュータと携帯で同時にビデオ通話をすることができ、また互いにコントロールすることができます。また、Wordキットと簡単な「コンピュータエンド」のPSアプリとも協力しています。

また、この2年間にスマホゲーム産業は盛んで、サムスンはDex内容をゲーム部分に広げて、そして近年の発表会の現場でクラッシュ・ロワイヤルの“PC版の実況も展示しました。サムスンがスマホゲーム分野を重視していることがわかります。アンドロイド仮想マシンに比べて、このような体験はスクリーンの等比例的で無限な拡大を支持します。

いかなる角度から見ても、Note 8は合格のトップクラスの旗艦スマホとなっていて、現在のところ、この価格でこれと同じ水準に達するその他のAndroid携帯がありません。

スマホ Note 8 心配

ただ私達はそれに対して依然としていくつかの心配があります。スクリーン下で指紋認識がまだ突破しないとか、発表した4ヶ月前の旗艦機S8+に比べて相違が大きくない(両者のサイズ、機能とハードウエアで相違が大きくない)とか、ダブルカメラは使い心地がいいですが、今安価の携帯もダブルカメラが普及していますとか、Note 8が様々なデメリットがあります。

また下半期フルスクリーンも全面的に普及していて、そしてiPhone 8との対決も心配されていることです。もちろん、Note 8へのマイナス評価は無視してはいけません。それにしても、Note 8は依然として今年総合実力が最も強大なAndroid携帯となっています。