> スマホ活用小技>ロボット電話「RoBoHoN」発表

シャープ、会話できるロボット電話「RoBoHoN」発表

編集者: 石橋 東雅
日付: 2015.10.19
更新: 2019.02.12

ざっと見れば子供のおもちゃらしいですけど、これはロボットでありながら、携帯電話でもあることを誰が考えられるのでしょう。これはシャープが発表したRoBoHoN (ロボホン)——ロボット携帯です。

RoBoHoN (ロボホン)

RoBoHoNの身長は約19.5cm、体重は約390g。衣類のポケットや鞄などに入れられるサイズで、外へも手軽に持ち歩くことができます。CPUはMSM 8926 1.2GHz(4コア)、ディスプレイは約2.0インチ(QVGA)です。音声通話をはじめ、メールや検索、カメラなどの携帯電話の基本機能を搭載しているほか、プロジェクター、会話機能、顔認識も搭載しています。

ロボホンは自然な会話が可能です。つまり、ユーザーと会話をすることで、操作を実行します。例えば、「RoBoHoN、写真を撮って」と話しかけると、写真を撮ってくれます。「RoBoHoN、動画を見せて」と言うと、動画を壁や机などに投影してくれます。「RoBoHoN、踊って」と言うと、ダンスを踊ってくれます。本当に「ココロ、動く電話」ですね。

価格はまだシャープに公開されていないですが、たぶん安くないでしょう。来年の前半、もっと詳細な価格やスッペクなどは公開されますから、その時まで待つしかありません。