> スマホ活用小技>SNS 危険性

SNSのセキュリティ問題!SNSを使用する時の危険性

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.09.22
更新: 2019.03.26

SNSは今インタラクティブ、コミュニケーション、さらにショッピング方式に至って変えられました。そして勉強、娯楽と仕事の一部分となっています。個性化、簡単に情報を共有できる利便性、リアルタイム性等の原因で、SNSは非常な魅力を持っています。でもその便利さとともに危険性も付いています。

SNSでネットワークから人気を博した同時に、SNSに関わる安全問題は無視してはいけません。インターネット環境でもリスクがあり、ネットトラブルに遭遇したら、現実にも悪影響を与えるかもしれません。次にSNSの持ってきた三つの危険性をご紹介します。

SNSの危険性

SNS リスク 危険性

1、悪意のあるソフトウェアが侵入する

今のところ、SNSはユーザー達が最も好きなコミュニケーション方式になっています。Facebookは2016年のユーザー数は15.9億人、Twitterは3.2億人、Skypeは3億人となっていますから、SNSのユーザーも悪意のあるソフトウェアの理想的な目標になります。“悪意のあるソフトウェア”は、検索エンジンやソフトウェアのダウンロードページの広告から入り込んでしまうことが多いようです。

入り込むといっても、脆弱性を突かれて強制的にインストールされてしまうようなものではなく、利用者をだますことによってインストールさせるという手口です。悪意のあるソフトウェアがユーザーのパソコンにインストールされたら、攻撃者は簡単にユーザーの情報を取得することができ、パソコンを勝手にコントロールすることもできます。

SNS リスク プライバシー

2. SNSの共有でプライバシー・個人情報が流出する

ユーザーはSNSを通じて経験と情報を共有できますが、不注意で公開したくない情報を漏洩するリスクがあります。例えば、自分の職場情報、自宅の位置情報、子供の学校情報等の大切なプライバシーは他人に把握されたらトラブルを招く可能性がありますので、できればSNSで共有しないほうが賢明です。

あなたの共有する情報がもっと多い時に、攻撃者の使える「素材」も多くなって、攻撃に遭遇する可能性ももっと大きくなってきます。ユーザー達は自分が心をこもって設計する落とし穴に落ち込んで、パスワードが解読させられて、身分情報も盗まれてしまいました。

SNS リスク 身分

3. 偽装する人に騙される・身分が窃盗される

SNSで出会った人々の中で、他の人に偽装して詐欺する人もいます。犯罪者は恐らく有名人、企業家、政府の官吏などに偽装して、それによって他人の信用を得て、利益を図ります。そして、普通人に偽装し、彼の親友を詐欺することもあります。

SNSを利用する間に、ユーザーは偽装した他人に騙されることだけではなく、自分の身分も他人に窃盗されかて、詐欺やほの犯罪に用いられる可能性があります。どちらに遭遇しても、ユーザーは財産や名誉上の損害を受けてしまい、とんでもない境地に陥る可能性があります。

SNS 安全 窃盗

対策方法

1、すべてのSNSアカウントの安全を守るために、別々の強力なパスワードを設定します。通用するパスワードを使うと、アカウントの脆さは増加して、いったんその中のひとつが窃盗されると、残りのアカウントもすぐ窃盗されるかもしれません。

2、情報を共有する前に、よく考慮することが必要です。

3、あなたの使用するコンピュータのセキュリティソフトウェアを確認します。アンチウイルスソフト、アプリケーションとOSはできれば最新バージョンにアップグレードしたほうがいいです。

4、怪しいリンクには慎重な態度を持ちます。怪しいリンクをクリックすると、悪質なサイトに飛ばされることもあるし、勝手にアプリまたウイルスがダンロードされることがあるんです。

SNS セキュリティ 対策

SNSに夢中しすぎる危険性

SNSは危険性を持っていて、SNSに夢中しすぎることも危険です。

1、夜遅くまでパソコンやスマートフォンでSNSを楽しんでいると、眠れなくなって、不眠症になるかもしれません。

2、友達や家族と食事でもSNSに投稿するばかりで、周りとのリアルな交流や人間関係がなくなり、人間関係が崩壊することになります。

3、長い時間でパソコンやスマートフォンに集中すると、目が緊張した状態になり、疲労しやすいです。

SNS セキュリティ 危険

SNSは非常に気軽なコミュ二ケーション・便利な会話・投稿機能を提供していますが、同時にわりに大きいな安全リスクも持ってきました。それを使用する時に危険に遭遇しないために、十分に注意しなければいけません。