> データ復元>USB データ 復元

USBメモリのデータを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.06.15
更新: 2019.03.26

USBメモリは、データを持ち運ぶには、最も多く利用されているのでしょう。便利で、使い勝手が良いです。同時に、壊れやすいものです。もしUSBが突然認識されず故障した場合、フォーマットされた場合、中に入っているデータを復旧する方法がありますか?

こんな時には、USBメモリ復元ソフト―「データ復旧」をぜひお試しください。誤って削除、フォーマットしてしまった原因でUSBから失った写真、動画、音楽などのデータに復元対応です。次のボタンから無料体験版をダウンロードできます。無料体験版ではデータがあるかどうかを確認することができます。それに、無料体験版があるのでどうぞ試してみてください。

簡単なUSBメモリの復元・復旧方法

「データ復旧」は、初心者にも簡単に使えるようにデザインされています。ここは復元するための数ステップを説明します。

ステップ1.復元したいファイルを選択

復元したいファイルの種類によって選択して、スキャンパスでUSBメモリを選んでください。

データ復元 メイン画面

ステップ2.ファイルをスキャン

ここはUSBメモリのデータを復元するには、ソフトから全面的スキャンを行う必要があります。一般的なデータロスではクイックスキャンモードで済むので、完了まで少し待ってください。

スキャン中

ステップ3.データをプレビュー・復元

スキャンが完了したら、復元したいデータを選択し、「リカバリー」ボタンをクリックすると出来上がります。復元する前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel、PNG、JPG、TIFなどがプレビュー可能です。

プレビュー ファイル

「リカバリー」ボタンをクリックしたら、ファイルの保存先を設定できます。そして設定される保存先へデータを復元することができます。

復元完了

USBのデータが紛失した時の注意事項

1.USBのデータが紛失した時、新しいデータをUSBメモリに書き込まないでください。2.物理障害を受けさせないように、USBを乾燥なところで置いてください3.復元できる確率が最も高いのは「消した直後」です。即座にUSBメモリ復元ソフトを使って、中のデータを救出しましょう。