> データ復元>Windows7 ファイル 復元

Windows7:削除されたファイルを復元する方法

編集者: 原田 かすみ
日付: 2015.08.11
更新: 2019.02.12

Windows7のパソコンを使う時、誤って大事なファイルを削除してしまったら、パソコンの「ゴミ箱」を開き、削除されたファイルがまだそこから復元することができますよね。もし「ゴミ箱」にも空にしてしまった場合、ファイルを復元することはできないのでしょうか?

今、「データ復旧」というソフトを利用すれば、削除されたファイルが復元可能ですよ。様々なメディア装置に対応しています。Windows7はもちろん!「データ復旧」の操作が複雑ではないので、初心者でも簡単にソフトを操作できます。それでは、早速復元手順をご案内致します。

Windows 7に削除されたファイルを復元するために

復元前の準備「データ復旧」をダウンロードして、Windows7のパソコンにインストールします。

1、ソフトを起動した後、メイン画面で削除されたファイルのタイプと元に保存されたドライブを同時にチェック入れてまま「スキャン」ボタンで進みます。

データ復旧 メイン画面

2、スキャン過程中何時でも「一時停止」或いは「停止」ボタンを押してスキャンプログレスを中断することが。

スキャン中

3、スキャンが終わったら、左側から復元したいファイルの種類を選択して、中のデータをプレビューします。プレビュー中に復元したいものを見つけたと、チェックを入れて「復元」ボタンを押せばいいです。

プレビュー ファイル

「データ復旧」についてデータ復旧」はパソコンのHDD、外付けHDD、SDカード、USBドライブ、ゴミ箱などの色んな記憶メディアに対応しています。それに、復元できるファイル形式も様々です。例えば:写真、動画、音楽、電子メールなど。