> スマホ活用小技>Xiaomi MIX2 レビュー

Xiaomi MIX2レビュー:綺麗なフルスクリーン、非常に高性能の端末

編集者: 石橋 東雅
日付: 2017.10.31
更新: 2019.03.26

昨年10月から、XiaomiはMIXをリリースしたときに、「これはもう一度のスマートフォンの革命が始まった」と認識した人はめったにいません。そして、2017年、フルスクリーンをめぐって前例のない大混戦が来る時に、Xiaomiはやっと率先してMIX2を通じて「フルスクリーン2 . 0」時代に入ったと宣言しました。

トップクラスの高性能と最先端の技術を持ち、概念の伝承と技術の更新、皆様はXiaomi MIX2の質についてどう考えています?日本向けの携帯とは言えませんが、Xiaomi MIX2は価格以上の品質と実力で大注目されて報道されています。

XIAOMI MIX2 レビュー

サイズが改善される:全世界をポケットに入れ

ユーザーたちは特定のスマートフォンシリーズの画面サイズがますます大きくなってきたという「恒例」に慣れたかもしれません。そのため、Xiaomi MIXのように、画面サイズが初代の6.44寸から2代の5.99寸に減らすことは実に珍しいとのことです。

おそらく多くの人は5.99寸の大きさがわからないから、ここで皆様のよく使用するiPhoneで説明しようとします。MIX2はiPhone6 Plusに比べて、0.2センチ狭く、約0.5センチ短く、iPhone Plusの機体により大きな画面が搭載されるとは言えます。

電子天秤で重さをはかると、MIX2の機体重量はセラミックXiaomi6との重量はほとんど同じで、iPhone6 Plusより10グラム減らし、その体積と重さで、気軽にポケットに入れることができます。

サイズが小さくなったから使い心地もよくなり、小柄な女性でも気軽に片手で使用することができ、人差し指も後ろの指紋の位置を触りやすく、ロックを解除するために更に握った姿を調整する必要がありません。

XIAOMI MIX2 サイズ

MIX2はXiaomiの技術を継承して、標準型の枠は上質で、ボタンがきちんと配置されます。セラミックカバーは硬度が高い、やさしい感じがします。

そして高級型は携帯の品質を一気に上げました。Xiaomi公式の紹介によりますと、高級版のUnibody「四曲面全セラミックボディ」は、まず240トンの圧力を圧合してから、1400度の高い温度で焼結し、その後、金剛砂刃は0.01 mm単位で磨き、一つのボディは一つの刀の頭を耗損します。そのため、高級型の端末はより精密で滑らかで、圧倒的な質感が出ます。またセラミックの電気特性のおかげで、高級型のデバイスに見えるアンテナがありません。

ちなみに、MIX2標準型と高級型のフレームの弧度は完全に同じではなく、標準型のフレームの弧度はより大きくて、高級型のセラミックモデルはそんなに大きくありません。これは2種類の素材の強度を考えて、適切に画面を保護することを保証する上に調整したのでしょう。

MIX初代に比べて、MIX2のメインカメラはボディから突き出ていて、周りには18K金で飾りつけ、ブラックボディは指紋を収集しやすいことを考慮する上、Xiaomiが携帯ケースを提供し、ボディを全面的に保護することができます。

XIAOMI MIX2 携帯 ケース

フルスクリーン2.0:スマートフォン需要の本質に近づく

最も重要なインタラクティブ・メディアのスマホにとって、スクリーンが一番大切なものとも言えます。スクリーン以外のその他の部分のサイズと重さが小さいほど良く、ユーザーたちにとって、これはフルスクリーンの価値です。

初代MIXの縦と横の比率(アスペクト比)が17:9だったのに対し、Mi MIX2では18:9となりました。なぜアスペクト比を2:1と言わないかというと、実はみんながよく見る16:9のスクリーンと比較したいです。スクリーンの狭額縁の解像度が一緻の場合、MIX2の長額縁画素が8分の1ぐらい増えたことが実感できます。

一部のメーカーが使用する「特殊フルスクリーン」とは違って、MIX2のスクリーンは標準の長方形で、このようなスクリーンのメリットはほとんどのappが新たに増加する画面空間を使えることを保証できます。アプリはAndroidの開発の標準に合うさえすれば、画面にもっと多い内容を表示することができます。

XIAOMI MIX2 伝統 携帯

フルスクリーンスマートフォンと伝統的なスマートフォンを並べて比較すれば、フルスクリーンではないスマートフォンはスクリーン以外の部分が大きすぎて、中古スマホのようになります。

多種のフルスクリーンのスマートフォンの中に、MIX2のような3辺狭額縁の優位は、使用状態に、内容への視覚的の妨害を最小まで抑えられ、最もサイエンス・フィクションの感じが出ます。

XIAOMI MIX2 携帯 比較

全く新しいハードウエアもソフトウェアの強力なサポートが必要で、もっと広々としている画面空間のおかげで、MIX2もMIUI9の一部の新機能をうまく発揮でき、たとえば「情報助手(メッセージ・アシスタント)」という機能を通じてはもっと多くの機能を表示することができて、画面分割した後のアプリの空間はもっと広々としていて、利用できるスペースが著しく多くなりました。

スマートフォンを使用する最初の目的に戻すと、MIX2の「フルスクリーン2.0」は情報の表示では初代の製品と比べて更に進化して、物理的なサイズのもっと狭い下のフレームを加え、スクリーンの視覚効果はさらによくなります。

フルスクリーン2.0:今回の成長が容易ではない

フルスクリーンはどうして作成しにくいですか?この質問を聞く前には、まずフルスクリーンの携帯の正面を見て、スクリーンを除いてまだ何を設置しなければならないか確認すべきです。総じて言うと、指紋モジュール以外に、受話器、センサー、フロントカメラ、スクリーンICチップとアンテナ用接続端子、5部分は正面に搭載しなければなりません。今回MIX2はフルスクリーン2.0を実現したのを公言できるには、この5部分のそれぞれの部分の革新に離れられません。

XIAOMI MIX2 自撮り

極狭いフレームを実現したいならば、どのように受話器を処理すればいいかという問題が難点となっていて、MIX1ではXiaomiが新たな音響学システムを開発し、ボックスを通じて震えを耳に伝えて、視覚の上で受話器の空間を省いたが、実際に使う時に、声が小さいや音が漏しやすい問題があります。今年のシャープS2にも、超小型の伝統の受話器を使って、ちょうど角度を合わせなければ、聞き取りにくい問題になる恐れがあります。

今回のMIX 2はパイプライン型受話器というデザインを使って、大出力の受話器は構造を通じて、上方のより小さい音が出るホールに伝えます。トーンホールが空間を占めないのを保証する上に、さらに大きく発声することを実現できて、これで高音質な通話を期待できます。。

多くの携帯が利用している伝統のセンサーを密集に搭載することで占めたスペースを減らす方法と違い、MIX2は伝統の赤外線遠距離センサーの代わりに超音波遠距離センサーを使用して、フレームとスクリーンの間のすきまを通じて超音波を発射します。これで、以前センサーが占用する所を減らすことができます。

XIAOMI MIX2 高級型

MIX 2のフロントカメラは依然としてスクリーンの下部に搭載していて、MIX初代と異なったことは2世代のフロントカメラモジュールのサイズは50%近く小さくなり、同時にカメラの周りにはわざと黒くして、視覚上では前のパネルと渾然一体となります。

デフォルトで自撮りをする時、人の顔は仰ぎ見る感じがして、慣れた写真を自撮りしたいために、スマホを上下逆さにするほうがいいです。

携帯はスクリーンのパネルを表示した所以外、また長いケーブルと関連のスクリーンコントロールチップが接続しています。これらはどちらでも正面のスペースを占めます。MIX2はCOF(ChipOnFilm)の技術を使って、スクリーンコントロールチップをフレキシブルプリント基板の上に取り付けて、スクリーンの後ろに折り畳んで、正面のスペースの占用を大幅に減らすことができます。ちなみに、当技術とGalaxy S8の上で採用する技術は一致しています。

最後には、スマホのアンテナ用接続端子です。みんなはこの概念がよくわからないかもしれませんので、ここで紹介してみます。携帯のすべての通信はアンテナのサポートが必要で、最初アンテナは外付けですので、ラジオのアンテナのように抜き出すことが必要です。今スマホのアンテナは内蔵したですが、スマホの通信を最適化するために、アンテナの近くにはスペースを残さなければなりません。今回MIX2は「アクチブアンテナ同調」という案を採用して、初代よりアンテナの占めたスペースは72%ぐらい大きく節約しました。

XIAOMI MIX2 アンテナ

アンテナといえば、MIX2の波段支持状況を紹介する必要があり、「全網通」という技術の普及とともに、みんなはますます携帯の通信の信号システムにあまり関心を持てないです。しかし、新たな問題は多くのビジネスマンの目の前で現れてしまいました。それは外国へ行く波段はサポートするかどうかという問題です。今回MIX2はSnapdragon 835プロセッサーを使ったため、すべての6型43週波数の通信のネットワークにサポートし、スマートフォンの中で最も多くの波段に支持するスマートフォンとなっており、MIUI9と協力して全世界のインターネットサービスを提供でき、全世界でそれぞれの国家でも直接使うことができます。ビジネスあるいは旅行には役に立てるポイントです。

今回の“フルスクリーン2.0”の実現は製品デザイン、技術また全体の下層の産業チェーンの更新とは密接な関係があり、全体の業界の革新を集めてから、最後に製品の革新を完成することができます。

スクリーン以外のスペックはどうですか?

フルスクリーンが今年のスマートフォンの注目ポイントになったため、予告編から発表会まで、スマートフォン本体を手に入れてもみんながすべてスクリーンを重視しています。

それではスクリーン以外にMIX2どうでしょうか?

XIAOMI MIX2 Snapdragon

性能の方面、MIX2標準型はSnapdragon 835(2.5GHz)プロセッサー+6GBメモリのセットを採用して、高級型は更にメモリを8GBに増加し、伝説のSnapdragon 836(このプロセッサーがない可能性が高い、クアルコムの後ろにSnapdragon 845がリリース)が現れる前に、これはAndroid世界の中でトップクラスの配置となっています。今MIX2はAnTuTu Benchmarkでの採点が14万分を少し超え、後期に更に改善を進める所があります。

MIX 2は意外にダブルカメラの案を採用ししていない、メインカメラは1200万画素で、しかしCMOSはXiaomi6と同じIMX386にアップグレードしてきて、撮った写真から見れば、色調整もXiaomi6と類似しています。

昼間に良好な照明環境で、MIX2は画像を高精度に測定でき、フォーカスの近くにある細部までくっきり撮れますが、写真の縁(境界線)にはぼかされたようです。

MIX 2カメラのホワイトバランスは映像の白をきちんと認識して調整できます。多種の屋内照明をテストしてみて、カメラはすべて正確に認識することができて、またできるだけ色再現を実現します。

カメラは近距離で小さい物体の細部をはっきり撮影することができ、でも現在のダブルカメラという解決策と比べたら、被写界深度がまだ他のソフトウェアを通じて最適化する必要があります。

全く暗い環境で、MIX2のカメラがISOを大幅に上げます。ISOが6400までに達したこともできます。これで暗部の細部でもはっきり確認できますが、デメリットは遠い空の中にたくさんのノイズが現れました。

XIAOMI MIX2 カメラ

細部の更新点と言えば

ちなみに、MIX2がいくつかの細部に大幅に改善しました。

1、スクリーンの明るさの最大値が初代より多くアップしました。 2、スクリーンのタッチパネルの感度はXiaomi6より明らかに上げました。以前の歩いている場合にタイピングしてしまったミスはMIX2にはもう犯したことがありません。 3、MIX2の震えはとても良くて、強さと震えの位置は優れた手触り感を保証できました。

MIX 2は3.5mmイヤホンをキャンセルして、これもスマホボディの重要な変化の一つとなっています。

3400 mahのバッテリー容量が搭載したスマホですので、1日によく使ってもバッテリーの消耗が大きくない、充電なしでも余裕で使い続けることを保証できます。

XIAOMI MIX2 概念

概念から外れたMIX2はXiaomiブランドのアップグレードの重任を背負う

Xiaomi MIX2の発表は、今年の最もハイライトの携帯の“ゴールデンウィーク” が正式に始まることを示します。以前、発表会の前に「XX携帯電話が今回新しい機能がなんですか?」と私に聞く友達がいましたが、これから、そのような聞き方があまり綺麗ではなくなるかもしれません。

個人から見れば、タッチスクリーンのスマートフォンの競争は三つの殺し合いを経験したことがあります。

最初に、みんなは「機能」を主なポイントとしていて、絶えずブランドの差別化の要素として新しい機能を増える同時に、基本的な機能を提供することができないマイナーのOSが消滅されました。

第二段階で、みんなの機能が基本的に安定したから、性能の引き上げはユーザーの喜びが増える肝心な原因になって、ユーザーたちは性能が頻繁に改善される段階を迎えました。

今まで、機能と性能がもう圧倒的多数のユーザーの要求を満足させた後で、技術とデザインは再度重視されます。

XIAOMI MIX2 段階

この3つの原因は始めから終わりまでスマートフォンの競争に貫いていて、ただ異なる段階では主な原因が違います。

Xiaomiはデザインと技術上の努力はついに報われました。すべての技術のユニークさは人を引きつける鋭利な武器となってきて、そのユニークさと珍しさを持つ機種も独特なスタイルと品質の生活を重視するユーザーに注目されています。これらのユーザーは携帯の業界の中でハイエンドブランドが最も引きつけたい対象となっています。

最近1年間の出張に、飛行機ではよくXiaomi初代を使用している乗客と出会います。XiaomiはMIX初代がハイエンドユーザーの中にわざわざ確立した評判を意識し、MIX2の力を貸してブランドをアップグレードしようとしています。

XIAOMI MIX2 フルースクリーン

総じて言えば、MIX2が今回競争力を持っている品質を提供して、外観とブランドのシリーズにも非常にユニークさを持ち、技術と設計の最適化は大量に生産することを可能にさせ、Mi Homeの高速発展はXiaomiの販売に強力なサポートを提供して、Mi Homeのブランドは他の種類の中に急速に広げるとともに、数多くのXiaomi製品の使用者はXiaomiの携帯電話を使用してみたくなりました。そのような状況を考慮し、今回MIX2の市場が期待できます。

今年、雷軍氏が「世界での販売量は減少した後、またみごとに逆転することができる携帯電話会社はXiaomiの他にありません。」と言いました。来年、雷軍氏がまた「世界でブランドが定型化した後にブランドをアップグレードすることを実現する携帯電話会社はXiaomiの他にありません。」とは言えるのでしょうか。